リフォーム店舗
12596店舗
リフォーム事例
6217
リフォーム相談
3709

リフォーム会社をご紹介!費用の問合せはこちら

お風呂・浴室・バスリフォームのノウハウ

リフォームポイント

浴槽の種類と設置方法

浴槽は大きさや長さ・またぐ高さ、お湯を入れたときの深さなどによって和式・洋式・和洋折衷タイプの3タイプに分類することができます。

和式タイプの浴槽

和式の浴槽の基本サイズは幅が80cm~120cmで、深さが60cm程度です。幅に比べて深さに大きく余裕があります。

和式タイプの浴槽のサイズは比較的小さめのお風呂に適しています。和式タイプの浴槽では、浴槽につかる時に膝を折った姿勢で、肩までしっかりお湯につかることができます。しかし、和式の浴槽でお湯につかった時は、体が水圧の影響を受けやすく、血管が収縮し、心臓が活発に働きます。呼吸が激しくなることもあるので、高血圧などの循環器系の病気や心臓疾患を持っている人、もしくは高齢者の方が入浴する際には十分に注意を払う必要があります。

洋式タイプの浴槽

洋式の浴槽の基本サイズは長さが120cm~180cm、深さは45cm程度で、浅くて長いスタイルが特徴です。洋式の浴槽に入浴する時には、寝た姿勢を保てるので、身体に無理な負担がかかることもなく、水圧による圧迫を受けることもありません。

洋式タイプの浴槽は、介助者にとって高齢者など要介護の方を入浴させやすいというメリットがあります。加えて、浴槽に手すりや滑り止め加工をすることで安全性を高めることができます。

洋式の浴槽を設置するには、お風呂にある程度の広さが必要になります。

和洋折衷タイプの浴槽

和洋折衷タイプの浴槽は、和式と洋式の浴槽のよい所をそれぞれミックスした浴槽です。和洋折衷タイプの浴槽の基本のサイズは幅が110cm~160cm、深さは60cmです。和式の浴槽の深さを確保しながらも洋式の浴槽と比べると長さが若干短めになっています。

和洋折衷タイプの浴槽では肩までしっかりつかることができます。また、和式タイプの浴槽よりも長さがあるため、ほどよく体を伸ばした姿勢で入浴できます。和洋折衷タイプの浴槽なら、体を伸ばした時に洋式の浴槽のように体が浮くことがないため、肩までお湯につかって全身をしっかり温めることができます。

洋式タイプの浴槽に比べて様々な広さのお風呂に対応可能なこともあり、最近ではこの和洋折衷タイプの浴槽の人気が高まっています。

浴槽の設置方法

据え置き型

お風呂の床に浴槽をそのまま取り付けられます。工事費が安く、取り替えが簡単というメリットがあります。木製の浴槽を置きたいという方や、洋式の浴槽をオブジェのように置きたいという方、個性的なお風呂やこだわりのお風呂にリフォームしたいというケースによく見られます。

埋め込み型

お風呂の床と同じ高さまで浴槽を埋め込んだ設置方法です。お風呂全体が広く見えることがメリットですが、この場合広めに面積をとらないと、洗い場からの水や石鹸の泡などが浴槽に入ってしまう可能性があります。

埋め込み型の浴槽の場合、浴槽から出る際に段差があるため、手摺などを設置して安全を確保するような配慮が必要になることもあります。

半埋め込み型

半埋め込み型とは、床面に半分浴槽が埋め込まれているタイプで、床面から30cm~40cm程度、浴槽の高さは3分の1程度を床に埋め込む設置方法です。
埋め込み型のように水や石鹸の泡が流れ込んでくることもなく、浴槽から床面への立ち上がりが低く、出入りがしやすいつくりになっています。また、お風呂が広く感じられることも大きな特徴です。