リフォーム店舗
11987店舗
リフォーム事例
6242
リフォーム相談
3817

リフォーム会社をご紹介!費用の問合せはこちら

キッチン・台所リフォームのノウハウ

リフォームポイント

マンションでキッチンの位置を移動するリフォームはできる?

マンションのキッチン

マンションでキッチンの位置を移動するリフォームはできる?この質問に対する回答は、「一定の範囲で可能」です。キッチンをはじめとする水回り住宅設備の交換はリフォームの中でも最も人気の高いメニューです。中でもキッチンに関しては、ただ交換するだけではなく、位置を移動したいというご要望が非常に多いのが特徴です。

昔のマンションはキッチンが壁に向いていて、かつ閉鎖的な間取りが多くありました。そんなキッチンの位置を移動することによって明るく、開放的なキッチンにしたいというご要望が多いです。キッチンを移動させて思い通りのキッチン、お部屋にするために、マンションでキッチンの位置を移動するために注意すべきポイントをご説明します。

PS(パイプスペース)は動かすことができない

お手元にあるお部屋の間取り図をご覧いただくと「PS」と記載のある場所があると思います。これは「パイプスペース」の略であり、この中には排水竪管が通っています。排水竪管はお部屋の住宅設備から出る排水を集めて、下階に流す役割があります。つまり、排水竪管は上下階を貫通して最上階から最下階まで通っているのです。この排水竪管は専有部分にはあるものの、その役割上、共用設備で、居住者が勝手に撤去や移設することはできません。

そのPSがどの様にキッチンの移動にからむのか、詳しくは次でご説明しています。

キッチンの排水管の勾配を取るためにはPSとキッチンの距離が重要

住宅設備の排水に重要なのは「排水管の勾配」です。この勾配がしっかりとれていないと、排水の流れが悪くなったり、最悪の場合は排水が逆流することもあり得ます。排水勾配は管径分の1とよく言われていますが、キッチンの排水管の直径は通常50mmですので、勾配は50分の1以上必要です。50分の1とは水平距離1mの場合、高さが2cm必要という事です。

前述した通り、PSの位置は動かすことができませんので、排水管はキッチンからスタートしてPSをめがけて配管され、勾配を取ることになります。排水管は通常床下の空間に配管されますが、床下の空間の高さは決まっているため、キッチン位置がPSからの距離が遠くなれば遠くなるほど勾配が緩やかになっていきます。50分の1より緩やかにならないようにする限界がキッチンをPSから離して移動できる限界です。

一方、上記限界を超えてキッチンをPSから離して移動したい場合は、排水勾配を取るためには、床を作り直して床下の空間を高くする必要があります。そうすると、リビングなど他の場所と床段差ができてしまい、工事費用もかかります。なにより局所的な段差はつまずきの恐れがあり危険ですよね。

したがって、キッチンを移動するためには、排水管の勾配を取るために、床下の空間高さ、PSとキッチンの距離に注意して移動する位置を検討しましょう。

排気ダクトの外部への出口を変えることはできない

次に排気ダクトです。キッチンのレンジフードによる排気は天井裏にあるダクトを通して外部に排出されます。キッチンだけでなく、お風呂やトイレの排気も同様です。マンションの構造はコンクリートであり、ダクトの出口は外壁や梁に埋め込まれています。よって、この出口の位置を変更する事はできません。また、キッチンの排気ダクトの直径はお風呂などの排気ダクトよりも大きいのが通常で、お風呂などのダクトと入れ変えることが出来ません。

いずれにせよ、キッチンの排気ダクトの外部への出口位置を変えることはできないのです。その事がどの様にキッチンの移動にからむのか、詳しくは次の見出しでご説明しています。

キッチンの排気ダクトの出口までの途中のルートを変更することはできるが、梁またぎはNG

前述した通り、キッチン排気ダクトの外部への出口位置は変更できません。ただし、キッチンから出口を結ぶ排気ダクトはそのルートを変更する事はできます。排気ダクトのルート変更の際に注意すべき点は「梁またぎはNG」という事です。

マンションの天井を見上げると「梁」が出っ張っていることがよくあります。梁はコンクリートでできた構造体ですので、当然動かすことはできません。キッチンの位置を梁をまたいで動かすと、レンジフードの排気ダクトルートに梁が干渉する場合があります。排気ダクトを通すためにコンクリートの梁に穴を開けることはできませんので、その場合は梁下をくぐるダクトルートとなってしまいます。これは避けたい納まりです。その理由としては2つ。

  • ただでさえ低い梁下をダクトがくぐるので、その部分がもっと低くなってしまう。
  • ダクト内に結露が発生した場合(キッチンからの排気は暖かいため結露する可能性がある)、梁下をくぐった低い部分に結露水が滞留してダクトが錆びて腐食する場合がある。

したがって、キッチンを動かす場合は、適正なダクトルートが取れるか注意して移動する位置を検討しましょう。

キッチンを移動したリフォームの実例

壁付けキッチンから対面キッチンへ

築古のマンションによくある、壁に向かって(ダイニングに背を向けて)料理するタイプのキッチン。キッチンの向きを180度変えてダイニングに面するように移動するリフォームです。移動距離は通常1m以下なので、排水勾配に問題なくできる場合が多いです。(ただしPSがキッチンのそばにある場合。)キッチンを移動するリフォームの内もっともメジャーな実例と言えます。

個室型キッチンからオープンキッチンへ

個室型キッチンとはキッチンが個室風になっているタイプです。生活感漂うキッチンを来客者の目に触れさせない設計ですね。しかし、個室のキッチンは風通しも悪く、暑い。そこで周囲の壁を撤去して、リビングダイニングの中にキッチンを配置し、リビングダイニングキッチンを空間として一体化・オープンキッチンにするリフォームです。キッチンの向きを90度あるいは180度変えて、リビングダイニングに近い所まで移動させます。思い切ってリビングダイニングに近づけるには、やはりPSとの距離に注意する必要があります。また、ダクトが梁またぎにならない様に、周囲の梁にも注意しなければなりません。

しかし、リビングダイニングキッチンが空間一体化すると、驚くほど開放感が得られるため、とても素敵なリフォームとなります。

まとめ

冒頭でも話しましたが、水回り住宅設備の交換はリフォームの中でも最も人気の高いメニューであり、特にリフォームしてキッチンの位置を移動したいというご要望はとても多いです。しかし、PSや梁などのマンションの構造や特徴、そして排水勾配やダクトルートなどの注意ポイントを知っていなければ、失敗することもあります。したがって、マンション基礎知識をしっかりマスターして、よりよいリフォームを実現しましょう!